【恐怖】育児放棄で骨と皮だけになった15歳少年…児童虐待の悲惨さに想像を絶する…

マレーシア、ヌグリ・スンビラン州のニライという街で
親の育児放棄と監禁の末に
今にも力尽きそうな少年が瀬戸際で救い出されました。

保護された少年の想像を絶する姿は
世界中に児童虐待の悲惨さを訴えています・・・

母親に捨てられた15歳少年

マレーシア紙「the Sun」や「THE STAR」が報じたところによると
今回救出されたのはムハマド・フィルダス・ドゥラーくん(15)。

マレーシアの入国管理局が不法滞在の摘発のために踏み入った
あるアパートの一室に彼は放置されていた・・・

発見当時、身体に障害を持っていた彼は
深刻な栄養失調に陥っており、
服はボロボロ、自身の汚物にまみれていた。

予備捜査で一定の情報を得てから踏み入ったとはいえ
そのおぞましい光景に捜査官たちは戦慄を覚えたと語っています。

また、ムハマドくんが監禁されていた部屋は
ゴミで埋め尽くされ車椅子も置いてあったものの
もはやそれに乗る体力も残されておらず
尻を使って床を這うように移動することしかできなくなっていた

「ムハマドを見つけた時、彼は極度に痩せ衰えて全身が骨だけのような状態だった。
15歳であるにもかかわらず、7〜8歳程度のような体格をしていた。」

とヌグリ・スンビラン州の入国審査管理局長はこのように語り
ムハマドくんの腕や脚が極度の栄養失調のより
変形していたことも明かしました。

↓↓育児放棄に至った原因↓↓