便座にU型とO型が存在する理由…意外と知らない雑学に驚きの声…

そもそも現在普及している洋式トイレが誕生したのは
19世紀後半のイギリスと言われています。

当時はほとんどがO型の便座でしたが
ある疑問が出てきたのです。

何故O型とU型がこの世に存在するのか、
それは男性の大事な部分に関係がありました。

男性が便器に座った際にO型の便座だと
便座の前方部に大事な部分が触れてしまうことがありますよね。

触れてしまうと衛生的によくありません。
多くの人が使う公共トイレでは
それを嫌がる人や感染症を心配する声からU型が生まれました。

そう行った経緯から日本にも洋式便器と共に
2種類の便座も伝わってきたそうです。

自分の家のトイレなら良いですが、
公共のトイレだと色んな人が利用するので
衛生的にも触れたくないですよね。

そこで作られたのが男性の大事な部分だけ抜き取られた
U型の便座というわけです。

 

日本でO型が主流になった理由