助手席の本当の意味…昔の車は運転するだけでも大変だった…

助手席の本当の意味

助手席は英語にすると
「Passenger seat」になります。

パッセンジャーシートとは乗客・旅客・搭乗者などの意味があり、
直訳すると乗客席や搭乗席となるので
日本語の助手席とは異なる意味になります。

助手席の起源には諸説ありますが、
まだ日本では和服が主流であった大正時代が始まりだと言われています。

意外に思われる方も多いかもしれませんが
大正時代から昭和初期には結構な数の車が日本を走っており、
その中にはタクシーも含まれていました。

タクシーが登場するまでは人力車を用いて移動していたそうですが、
それが欧米からの輸入により、
車が普及すると車での移動となりました。

しかし、欧米の車は勿論、欧米人の体格に合わせたものです。

当時の日本人は現在の私たちよりも小柄で
さらに和服を普段から着ていました。

そのため、車高が高い車は裾が開けてしまったり、
乗り降りだけで一苦労していたそうです。

そこでタクシーの運転手の他のもう一人
お客さんの乗り降りを手伝う人「助手さん」が乗り込み
二人体制でタクシーを運営しました。

この助手さんは今のような整った道ばかりではなかったので
ハンドル操作に必死の運転手に対して
道順の指示や誘導などを行う役割も兼ねていました。

その助手さんが運転席の隣の席に座っていたことから
助手席と呼ばれるようになったと言われています。

 

もう一つの説