柏市連続通り魔殺傷事件の犯人・竹井聖寿の現在…常軌を逸した行動に言葉が出ない…

柏市連続通り魔殺傷事件

2014年3月3日に千葉県柏市で発生した
通り魔による殺人・傷害・強盗事件。

死亡者1人、負傷者1人。

この通り魔事件は無差別に行われました。

襲われたのは3人ですが
3人とも犯人と面識がない人たちで、
そのうちの一人の男性が馬乗りになって刺され続けてしまい、
亡くなってしまいました。

最初に襲われたのは帰宅途中の女性で
「すいません、ちょっと」と男に声をかけられる。

女性は「気持ち悪い」と感じて駆け足で逃げた。

次に同36分頃、自転車に乗っていた男性B(当時25歳)が
ナイフのような刃物を突き付けられて脅された。

男性Bは「何ですか? お金ですか」と質問し、
男性Bは左手で払いのけた際に切られて軽傷を負った。

さらに、事件現場の近くに住む会社員の男性C(当時31歳)も襲われ、
ナイフのような刃物で刺される。

次に同40分頃、近くに停車中の車に乗っていた男性D(当時44歳)に対して
「金を出せ。もう人を殺している」と脅して財布を奪った。

同44分頃、車を運転していた別の男性E(当時47歳)が
倒れていた男性Cを発見して車を降りた隙に男に車を奪われた。

事件に要した時間は約10分だった。

車は約1.5キロ北東の柏市内のコンビニ駐車場で
エンジンがかかった状態で見つかった。

この際、男が車外に出て徒歩で立ち去った様子が
防犯カメラの映像で確認された。

防犯カメラの映像によるとコンビニ駐車場には
3月4日の午前0時頃に車で現れ、数分間とどまった後、立ち去ったという。

車は午前3時頃に千葉県警が発見した。
男性Cは首や背中の複数個所を刺されており、
病院で死亡が確認された。

司法解剖の結果、男性Cの死因は出血性ショックで
抵抗した形跡は無くほぼ即死だったという。

常軌を逸した犯人・竹井聖寿

犯人の異常さもかなり目立つ事件でした。

連行される際に中指を立てたり親指を下に向けたり、
「チェックメイト」と発言したのだとか。

↓↓生い立ち↓↓