警察官が泥酔した男性を保護する動画…これは保護というより暴行だった…

警察官が泥酔した男性を保護する動画

酔っ払いを連行する警察官の様子が撮影され
ツイッターで拡散されていました。

その警察官の対応がいきすぎなのでは?
と疑問の声が上がっています。

ツイッターに投稿されたこの動画が撮影されたのは4月下旬の早朝。

池袋の住宅街で「奇声を発して徘徊する酔っ払いがいる」
との通報を受けた警察官が到着、
男性を保護するまでの一部始終です。

現場に居合わせ、
この動画を撮影・投稿した男性が語っています。

「警察官は、自転車を降りるなり男性の首根っこを掴み、
男性が転んでもかまわず引きずっていきました。
男性は靴が脱げ、履いていたズボンもずり落ちていました。
さすがにおかしいと思って動画を撮り始めたんです」

数十秒後、警察官に制止されて動画は終わります。

「その場で『行きすぎではないか』と言いましたが、
耳を貸すこともなく、駆けつけた応援の警察官とともに
男性に拘束衣を着せ、連行していきました」

この動画を見た元神奈川県警刑事で
犯罪ジャーナリストの小川泰平氏はこう語っています。

「私たちの時代には『酔っ払いを上手に扱えればようやく一人前』で
『自分の親や兄弟が寝込んでいると思って対応せよ』と教えられたものです。

叩いたり強く揺すったりすれば、下手したら命にかかわる事態にもなりかねない。

映像で確認する限りでは男性が警察官に抵抗する様子もないのに
これでは保護というより暴行です」

↓↓問題の動画はこちら↓↓