テレビ業界の暗黙のルール3選…ドッキリはドッキリではなかった…

テレビ業界の暗黙のルール3選

世の中には色々な「暗黙のルール」がありますね。

普段何気なく見ているテレビの業界にも
暗黙のルールがあるようです。

今回はそんなテレビ業界の暗黙のルール3選を紹介します。

1.裏番組の出演NG

主演クラスのタレントさんや俳優さんが
同時間帯の裏番組に出演することがNGなのはよく知られています。

これはルールというよりもスポンサーや他局に対する配慮であり、
万が一かぶって出演させてしまった場合、
テレビ局同士が謝罪したりスポンサーに会って謝りに行ったりします。

ちなみに最近ではコメンテーターとして大人気の
梅沢富美男がMXの番組でこのルールの意外な一面を告白しました。

梅沢は自身が木曜レギュラーを務める
『バラいろダンディ』(TOKYO MX)に生出演。

ですが実は同時間帯、
日本テレビでは『秘密のケンミンSHOW』が放送されており、
梅沢はそこにゲスト出演していました。

これについて蝶野正洋が
「裏番組に出られてるんですよね?」とツッコみました。

女装家のナジャ・グランディーバから

「そんなん、許されるんですか?」

と咎められると梅沢は日テレ側から

「『MXは関係ありません』って言われたんだもの!」

と居直ってぶっちゃけていました。

さらに、2013年、ハーフタレントのJOYは
『オールスター感謝祭』(TBS系)と
『有吉反省会 2時間スペシャル』(日テレ系)の両方に出演。

後日、『有吉反省会』で反省しに来ると
禊として有吉反省会に出入禁止を言い渡されました。

ネタとの見方もありますが、
今現在まで本当にJOYの出演はありません。

また、粋な例外もありました。

2017年TBSの番組でMCをしていた南海キャンディーズ山里亮太さんは
裏でM1グランプリ2017の決勝にも出場していましたが、
TBSは

「ウチの番組のMCが日本一面白い称号をもらえるかもしれない」

と山里さんを快く送り出し、裏番組出演にOKを出しています。

↓↓めちゃめちゃイケてるのルール↓↓