【アメフット】<日大の内田前監督>コーチの暴力問題も隠ぺい?「部を辞めるなら退学しろ」

日本大学アメリカンフットボール部の悪質タックル事件で同部は27日、父母会への説明会を開き、加藤直人部長、森琢ヘッドコーチらが謝罪した。 
だが、日大側は事件の経緯について、内田正人前監督、井上奨前コーチと宮川泰介選手(20)の理解に乖離があったという従来の説明を繰り返し、参加者らの反発を買ったという。 

タックルした宮川選手を守るために部員たちが作成中の声明文は近く発表される予定だが、その「内部告発」は今回のタックル問題にとどまらないようだ。 

AERAdotが5月18日に報じた日大アメフト部のAコーチが部員らに昨年、暴力をふるい、20人前後の部員が一斉に退部した経緯なども声明で詳しく明かされるのではないかとされる。 

日大現役選手がこう証言する。 

 

日大現役選手の証言内容