女子スキージャンプ高梨沙羅、メダルを期待される実力にも拘らずマスコミ受けが悪い理由

 

 平昌五輪開催目前だが、メダル獲得を期待されているというのに、女子スキージャンプの高梨沙羅の話題あまり盛り上がっていない。

「高梨は約2000万円するベンツのSUV車に乗っていることを記事にされ、ニュースに対するコメント欄とSNSを中心に賛否両論が多く投稿されました。しかし、競技自体のことが話題になることはあまりありません」(スポーツ紙記者)

 

 前回のソチ五輪では金メダルを期待されていたが、4位に終わっている。その悔しさをバネに平昌五輪では金メダルを取って欲しいという意見は多い。

「24日の五輪結団式では旗手を務め、涙を流していました。でもテレビのスポーツコーナーなども、いまひとつ彼女のことはクローズアップしないのです。率直に言えば、スポーツマスコミの取材担当には“好かれていない”というのが実状です」(同・記者)

 なぜ高梨は取材記者からの評判が悪いのか。

「彼女の態度に問題があるためです。スポンサーの指示なのか、共同会見以外に写真を撮らせない。しかも、根はもっと深いものがある」(テレビ関係者)

 

 それは2014年のソチ五輪後から始まったという。

「3年ぐらい前でしょうか。まだ10代の高梨でしたからソチで勝てなくても、次の五輪に出場することは確実なので、各社とも番記者を付けたのです。

 それでスポーツ紙の記者が取材しようとすると『ギャラいくら?』と言われたそうです。複数のスポーツ紙が聞かれ、みんなビックリしていました。

 彼女はギャラが派生するバラエティー番組や雑誌グラビアには出ます。親族の教えなのか、これが実は不人気の理由であり、タブーでもあります」(同・関係者)

 態度が変わったソチ五輪前後に何があったのだろうか。

 

引用元:https://myjitsu.jp/archives/42176

 

↓↓ネットの反応↓↓